飲酒運転による事故と自動車保険

ドライバーが酒を飲んでいないときの交通事故による死亡、重傷事故件数は100件中10件未満です。しかし酒を飲んだ場合は、飲酒なしの2倍を上回る件数となります。これは飲酒によって、脳の理性や判断能力の低下が影響しています。交通事故の影響が大きくなりがちなのが飲酒運転です。自動車保険や生命保険で受けられる補償が、飲酒運転の事故では限られてしまいます。自動車保険の場合、飲酒運転した本人のケガや死亡などによる損害や、その車が受けた損害に関しては、保険金は支払われません。泥酔や酒気帯び運転、これに関係する運転によって発生した事故に対しては、搭乗者損害保険、人身損害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、車両保険などの免責事由に該当するのです。

無線スイッチ EnOcean

運動会 事例

早いシール印刷ならお任せ下さい。激安ラベルシール印刷のマツダプリント

声優 専門学校 大阪